YouTubeの動画編集を外注化する方法とは!? メリットや相場についても解説

「YouTubeの動画編集を外注化する方法とは!? メリットや相場についても解説」のアイキャッチ画像




重要マーケティングチャネルとして確固たる地位を築いてきたYouTube。数多くの企業が導入を進めてきています。

自社のマーケティングターゲットの心を動かす価値あるコンテンツを継続的に供給するためには、自社で運用するよりも動画の制作代理店に依頼する方が良い場合が多く存在します。

そこで本記事では、YouTube動画の編集を外注化する方法や、外注のメリット、注意点について解説していきたいと思います。

YouTube動画編集を外注する方法とは!?

YouTube動画の編集作業を外注する場合には、主に3つの方法があります。

YouTube動画編集を外注する方法

    1. YouTube動画制作代行企業に依頼
    2. SNSでフリーランス編集者に依頼
    3. クラウドソーシングサイトで依頼

ここでは、これら主な3つの方法とそのメリットについて説明します。

YouTube動画制作代行会社に依頼

一番シンプルなのが、YouTubeの動画制作代行会社に依頼する方法です。YouTubeがこれほどマーケティングツールとして注目されている現在では、動画制作代行会社が年々増加しています。

動画制作会社であれば、最低1本編集に20000円程度で発注することが可能です。本数や動画の時間が長くなればなるほど金額が高くなります。

金額帯や対応範囲は動画制作代行会社次第なので、いくつかの会社の料金を比較してみることをおすすめします。

参考リンク:
完全無料で【映像制作】会社に一括お問い合わせ

SNSでフリーランス編集者に依頼

次に紹介するのが、SNSで直接フリーランス編集者に依頼する方法です。

YouTuberの増加に伴い、個人の動画編集者も近年では増加してきています。もし、自社の事業規模が小さく、制作代行会社に依頼するほど予算が無いという場合には、フリーランス編集者に依頼することをおすすめします。

クラウドソーシングサイトで依頼

上記で説明した方法以外には、クラウドソーシングサイトを活用した外注方法があります。

クラウドソーシングサイトの場合には、発注先事業者の顔が見えない匿名性が特徴となるため、コミュニケーションはややしづらくなり、納品される成果物の品質もピンキリになります。その分、低価格で発注できることは魅力的ですが、ややギャンブル的な要素をはらむので注意が必要です。

クラウドソーシングサイトでよく利用されるのが以下のサービスです。

動画編集を依頼できる代表的なクラウドソーシングサイト

クラウドワークス
ランサーズ
ココナラ

YouTube動画編集の外注時の注意点

YouTube動画編集を外注する時には、ただ外部に依頼を投げればいいだけではありません。発注先事業者と受注先事業者の双方がしっかりと業務について理解している状況が望ましいです。

依頼要件の明確化

動画編集を依頼する側は、外注先に対して、動画編集の要件を適切に伝えるようにしましょう。

依頼要件は、カット割り、動画サムネイル、効果音、テロップなどの動画の効果だけでなく、1つの動画が目指す目標・ゴールについてもしっかりつ伝えるようにしましょう。

このゴールを伝えなければ、仕上がったアウトプットが想定のものと違うものになりやすいです。依頼する前に動画の企画案と依頼要件をしっかりと整理し、伝えることを心がけましょう。

依頼内容以上のことは期待できない

自社の正社員ではない外注の編集者が動画編集を行う場合には、依頼した内容以上の成果物を期待するのことは難しいです。

自社で実現したい動画サムネイル、効果音、テロップなど….   ほとんどのエフェクトが想定通りのものになりにくいです。そうならないように発注側でしっかりと、編集の要件を決めることが大切です。

期待しすぎるとアウトプットが期待値以下がだった時の失望だけでなく、差し戻し工数でスケジュールが後ろ倒しになることが往々として起こるので、理想の90%程度のクオリティを想定しておくことが大切です。

外注のメリットとは

次に、YouTube動画を外注化するメリットについて説明します。

動画編集にかかる工数がかからない

動画編集を外注することで、自社で動画編集の工数を割く必要がなくなります。結果として、依頼側はYouTube動画の企画やマーケティングにリソースを集中投下することができるので、ビジネスの成長速度が加速しやすくなります。

プロの高品質な成果物が得られる

動画編集を外注することで、プロの動画編集者による高品質な成果物を得ることができます。自社でノウハウやリソースがない場合には、コストパフォーマンスが高いです。

自社には無いような斬新なアイデアが得られる

動画制作を外注する会社のサービスによっては、動画制作と動画企画まで見てくれる会社もあります。このような場合には、自社の動画の企画まで入って、自発的な改善提案などをくれる事業者も存在します。

もし、YouTubeの動画マーケティングがうまく行き始めていて、動画コンテンツ数が増えているのであればインハウスで制作することも可能です。外部の斬新なアイデアを自社で蓄積していき、自社の動画制作チームを作る時の助けになるはずです。

外注のデメリットとは

次に、動画編集の外注化によるデメリットについても紹介します。デメリットを事前に把握しておくことで、リスクを最小限に軽減できるはずです。

動画編集の外注費がかかる

動画編集を外注した分の外注費が発生します。基本的には、動画1本最低20000円で外注できるので、月に10本なら20万円程度はコストがかかります。しかし、外注費は、あらかじめどれほどのビジネスインパクトが出るかの試算を立てておけば、そこまで問題はありません。

自社に動画編集ナレッジが蓄積されない

外注先によりますが、完全なフリーランス動画編集者に動画編集を外注する場合には、動画編集ナレッジが社内に蓄積されません。もし、自社でインハウスの動画編集チームを作りたい場合には痛手になります。

自発的な改善が見込めず、追加修正工数がかかりやすい

外注の編集者に編集依頼をした際に、基本的には依頼通りの作業を行うことになるため、作業者からの自発的な改善提案などは見込み辛くなります。

また、要件通りの編集ではない場合に、自社よりもコミュニケーションがしづらいため、追加修正の間接コストがかかりやすくなります。

チャンネルにあった最適な外注計画を立てよう!!

本記事では、YouTubeの動画編集を外注する方法や外注のメリットについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ご自身が運営される動画チャンネルに合わせた適切な動画編集計画を立てることが極めて大切です。